第4回 日本NP学会学術集会

診療看護師の今井です。

 

11月23-24日に行われた日本NP学会に当院からは診療看護師3名、医師1名が参加してきました。

unnamed (1).jpg

 

診療看護師2名がそれぞれポスター発表、診療看護師と医師が口演発表を行いました。

また、シンポジウムでは「地域医療のパラダイムシフト~医師と考えるNPの更なる前進:特定行為に先にあるものには?」というテーマで当院での活動やそれを可能とする背景因子についてお話してきました。

unnamed (5).jpg

 口演発表では座長の依頼もあり普段行わないような貴重な体験ができたと思います。

 

unnamed (7).jpgunnamed (8).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らの活動が、今後活躍する後輩たちの道を示せるように邁進していかなければならないと、改めて感じた2日間でした。

JCI認定更新

こんにちは、ER清水です。

先月の11月16日、当院はJCI(Joint Commission International)より更新認証を受けました。

JCIとは、病院の機能評価を行う認証機関のことで、世界中で最も厳しい基準をもつ医療施設評価機構とされています。

当院は、北海道では唯一のJCI認定病院です。

当院は平成27年12月にJCIの認定を受け、今回は3年後の更新認定の時期でした。

JCIサーベイは更新のたびに審査基準が厳しくなり、医療の進歩や文化・時代の変化にあわせて院内マニュアルを見直し、修正していく必要があります。評価項目も膨大なものになりますが、1週間のサーベイの結果、今回無事に更新認定を受けることができました。

JCI認定を受けている病院としての誇りと自覚を持ち、質の高い医療・看護を提供していけるよう、日々研鑽していきたいと思います。

JCI.jpg

ベストプラクティス研修

こんにちは!

救急外来看護師の工藤です。

 

私は先日、徳洲会グループで行っているベストプラクティス研修に参加してきました。

全国の病院で様々な研修が行われていますが、今回私は千葉県の四街道徳洲会病院で

災害看護研修に参加してきました!!!

 

四街道徳洲会病院は災害医療のチームであるNPO法人TMATの活動拠点病院と

なっており、地域の災害拠点病院に指定されている病院です。

 

10月1日から5日までの5日間研修させてもらいました。

研修では、院内の防災に関することから、災害時の院内外の対応に関することなど

多岐に渡っており、自己課題もたくさん見えた有意義な研修でした。

病院スタッフの方々も温かく出迎えてくれたため、5日間楽しく研修できました★

 

9月28日、インドネシア中部のスラウェシ島で起きた地震、津波で甚大な被害を受けた

地域にTAMTで応援に行くということで、一緒に準備をさせてもらいました。

海外応援で必要なスキルや実際にあった話など、貴重な体験談を聞くことができました。

 <TMATの準備をしている様子>

2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月6日午前3時7分、北海道胆振東部地震で最大震度7を観測。

全道で停電や液状化などの被害がありました。

病院のある札幌市東区も震度6弱で直後から停電しました。

震災直後から周辺地域の方が怪我のため病院を受診し対応にあたりました。

停電でシステムダウンし対応で困ったことなど体験談をお話する機会をいただき

病棟の方々とディスカッションもありました。

 <ディスカッションの様子>

1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 千葉に着いて台風24号が到来。

台風をまともに経験したことがないため暴風雨の恐怖(>-<)

朝から電車が止まると発表されていたため唯一のフリー日は観光もできず...。

それでも念願の蒙古タンメンを食べてきました\(^O^)/

チーズトッピングでおいしくいただきました★

一人でご飯を食べに行けなかった私のラーメンデビューです(笑)

0.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道に帰って来る日は台風25号、、、、、、

台風と行動をともにしていました(涙) 

 

院外研修では学ぶことが多く、刺激になり今後の仕事への意欲が高まりました!

また、リフレッシュもできたためより一層頑張りたいと思います(*^^*)

仙台研修

こんにちは。救急外来看護師 清水です。

久しぶりのブログ更新となりました。
今回は8月に参加した仙台研修について取り上げさせていただきます。

研修は「Sendai ECMO SIMという研修で、東北大学病院高度救命救急センター・東北薬科大学救急科が合同で開催している研修です。

研修への参加は、当院の1チームと他院1チームの計2チームで、当院のチームメンバーは救急科医1名、循環器内科医1名、救急外来看護師2名、血管造影質看護師1名、臨床工学技師2名の計7名で参加しました。

内容は模型人工肺(ECMO)のトレーニングについてで、実際の回路や模型を使った演習と重症症例に対してECMOを導入シミュレーションを行うものでした。

ECMO症例の予後は、どれだけ早期にECMOを導入することができるかで大きく変わってきます。
研修を通して、多くのことを学ぶとともに、各部署間での連携を密にすることができました。

Unknown-3.jpegUnknown-1.jpeg

研修は朝から夕方までの丸1日かけてのものだったため、前日からの仙台入りとなりました。そのため、研修の空き時間で仙台観光もできました。
当院は急性期病院であり、遣り甲斐がある職場ですが、業務も忙しいのが現状です。その中で今回研修参加で観光もできたことで、自身のリフレッシュをはかることができました。IMG_0001.jpg

IMG_0002.jpg
看護研究発表会
こんにちは!
今回のブログの担当は、OPE室 辻谷と5A病棟 藤巻です🌟

今回は先日開催された看護研究発表会について報告します📖✏️
当院では1年に一度、看護研究発表会を開催しています。
各病棟ごとにテーマを決め、ほぼ1年かけて研究をします!
私たちも研究メンバーとして研究を行い、当日は発表者として参加しました🎤
発表当日は緊張しましたが、たくさんの意見や評価をいただき、
とても良い経験になりました。
自分では考えることのできないような視点で研究しているチームもあり、新しい看護の在り方を知ることがとても勉強になりました。
今回研究したことを今後に生かしていくとともに、よりよい看護を提供できるように日々努力していきたいと思います。
評価をしてくださった皆様、発表会に参加してくださったスタッフの皆様ありがとうございました😌🙏🏻

そして、発表者の皆様お疲れ様でした🎶

看護研究発表会
看護研究発表会2