新研修医の君たちへ。

2020年03月30日

文章の内容は私が現在、過去所属した組織の意見ではございません。私見です。

総合診療部 住吉です。
札幌東徳洲会病院に、4月から研修医として、もしくは他のスタッフとして働く皆様。
まずは様々な試験などお疲れさまでした。そしていよいよ仕事が始まろうとしていますね。

研修医ブログを最後に更新したのは2年前、私も4月から5年目の医師になります。
残念ながら、すでに退職しており、皆様と同じ現場で働く機会がないかもしれません。4月からは京都で働きます。感染症の勉強します。
研修医ブログでは言ってませんでしたね。皆様ほんとうにありがとうございました。
1か月ほどお休みいただいて、脳はとろけています。やばいです。
部外者であり、研修医でもない私がこの場に記事を書くのは相応しくないのは百も承知です。
昔から、部活のOBは口は出さずに金を出せよと思っていましたし、阿波踊りの学生連に卒業生くるなよと思ってましたし。
だから、この研修医ブログも、更新頻度が減ったとしても、私が書くのは決して良くないと考えてました。オファーがあっても断ってました。
それでも今日だけはこのブログを私物化したく思っています。

これから医療の現場で働く人間は、かつてなく不安かと思います。
私ですらそうです。札幌で前線で働いていたとはいえ、世界はこの一か月で大きく変わりました。
正直不安しかないです。新しい環境の上、健康上も経済上も様々な被害を出している新型コロナウイルスに立ち向かわなければいけません。
指定病院だからとか、そうでないとかのフェーズは終わりました。すべての病院・クリニックでコロナウイルスに携わる可能性があります。
札幌では感じませんでしたが、医療現場に携わるものへの、差別だったり、今この時期に何があっても咳や鼻水でてくれるな、と思ったり、働いてもいないのにストレスがあります。毎日体温はかっています。自分がかかったときにどうするかは当然シミュレーション済みですけど、著名人の感染のニュースなどを見るに、なかなか手汗が止まらなかったりします。
実家四国なんですけど、正直家が医者でよかったです。帰省してもわけわからないこと言ってきませんでしたし。今思うと3月初旬とはいえ帰省もしないほうがよかったのかとも悩ましいですが。
それでも私が感染症科にすすむのにはちょっと心配そうでした。そりゃね。この時期はね。
家族にも素直に言いましたが、コロナにかかる可能性はあるかもしれません。いや、かかってるかも?
で、今の僕の立場でコロナにかかったら、SNSで特定されたり、京都からでていけ、札幌かえれ、とかお前が感染症の医師になんかなるな、とか最悪言われるかもしれん、でも許してくれ、と。

私ですらこうですから、今から働いて、わけわからないまま現場にでなけりゃいけない皆様は本当に不安だと思います。
不安じゃないなら、agitationが目的ではないので気にしないでください。
でも家族はどうですか。いったんは話してみましたか。

不安を取り除くのは難しく、そのまま現場にでなければいけません。
当然コロナだけが医療じゃないので勉強も沢山しなければいけないです。
でも、多分、今皆様にしてほしいのはコロナの勉強です。
何をかというと、情報を、正しい情報を集めてください。対応が大事です。
残念なことに、新人かどうかにかかわらず、患者は現場に君たちがいるその瞬間から、プロとして君たちにいろいろ尋ねます。
当然わからないことを誤魔化さずに、上の人間に聞くのでもいいです。当然です。
でもせめて、この時期、コロナのことは、対応は皆様が一番できるようになってほしいのです。
なぜならば、現場で患者や家族と一番会話するのは多分僕や皆様のような若手で、もっとも感染リスク高いのも同じように対応するスタッフだからです。
そして、同じように患者にうつすリスクが高いのも我々かもしれません。こわいっすよね。
でも正しくこわがりましょうね。そのためには知識が必要なんです。。
とはいえ、今から論文いっぱい読んで知識つけろとかはいいません。
その方がいいかもしれないんですけど、そんな時間もなかなかないですよね。。
自分に言い聞かせるように、皆様に以下の言葉をお送りします。
いつか一緒に働く日があればどうぞよろしく。住吉でした。

①健康でなければ病院にくるな
医者の不養生とはいいますが、風邪はだれでもひきます。もしかしたら適切な対応をしても遅かれ早かれコロナにかかるかもしれません。
部活は熱が出ても休むなといわれたかもしれませんが、私たちは休みましょう。熱なくても風邪症状でも休んだ方がいいかもしれません。病院に連絡してください。
今皆様の力は喉から手がでるほど欲しいですが、根性論は一切捨て去ってください。
医師が本領発揮できるのは自身が健康のときです。
まだ、私たちのかわりはいるので大丈夫です。私がいなくても総合診療部無くなってませんでした。たぶん研修医の皆様も同じです。
それよりもほかのスタッフだったり患者だったりに二次感染するほうが恐怖です。
不安でいっぱいになるかもしれませんが、勇気をもって病院に連絡しましょう。でもずる休みはやめてね。。

②渡航歴も正直に。。
嫌ですよね。渡航歴いうの。すっごくSNSで叩かれるし。
でも、隠さず病院に報告してください。もうしてるかな?今からでもいいです。
なんでこの時期にアメリカいったの、とか言う人もいるかもしれませんが、リアルで言われたら研修委員長かパワハラ委員会に相談を。
正直に報告して、自宅待機になったとしても皆様は見知らぬ誰かの感染を抑えたかもしれません。
勇気をもって報告したのは偉いです。世間の人には叩かれるかもだが、報告せずに感染源が分からない二次感染が起きるのが最悪です。報告した新研修医、有難うございます。

③飲み会。。
せっかく札幌にきたし、新しい門出だし、ノミニケーションともいうし、同期の看護師はかわいいし。。
となるのはわかります。私もそうだった気がしてきました。
しかし、できることなら、歓迎会の類、飲み会の類は絶対やめろとはいいませんが、ブレーキの準備を。
医者は憧れのしごとです。しかし、あこがれの仕事はひがまれる仕事です。
騒いでいるのを隣の席のやつがSNSにあげたら?もし研修医内で集団感染してそれが報道されたら?
もちろん、賢明な皆様は、世間に叩かれるのがこわいからダメ、ではなく、3つの「密」をふせぐためにダメ、といっていることはわかっているでしょう。絶対いくなとは言いませんが、注意を。。せめて集団はやめて。。
※病院から正式なアナウンスがあればそちらに従ってください。
※薬剤師さんもリハビリも事務も、どんなに年上でも、皆かわいいです。私見です。

④手洗い
めっちゃ手をあらいましょう。消毒しましょう。マスクもいいけど手を洗いましょう。
日常でも手を洗いましょう。パートナーがいればパートナーにもたくさん手を洗ってもらいましょう。

⑤Twitterかfacebook
したほうがいいと思います。偽名でもいいです。発信しろという意味ではないです。病院がするなといっていればごめんなさい。
理由は、最新の医学情報はもはやSNSやGMAILで取得する時代だからです(※私見です)。
ブログでもいいです。怒られるかもしれませんが、自分で論文読むより効率いいです。いつかは読みましょうね?
対応も知識も素晴らしい量が手に入ります。
まずは身近なところでは岸田先生のツイッターを。で、そこからいろいろな先生のツイッターをのぞくといいとおもいます。
ネットリテラシーは皆様なら大丈夫ですよね?先輩にも聞くんだよ?
得た知識は仲間内とも共有を。マウント取りでもクイズだしあいでもいいので。
論文だろうがツイッターだろうが、情報の確からしさを判断するのは医師の仕事です。。たぶん。。
でも最初は難しいので、せめて、情報を出している人間の確からしさからスタートしてみては。。
あと世間の人はどう感じているか、ギャップを埋める意味でも悪くないと思います。

がんばりましょう。
はじめて師匠の言葉を使いますが、社会人として医師としてコビットファイターとして、一緒にがんばりましょう。私も後期研修医1年目としてがんばります。

初期臨床研修医募集

2020年03月18日

こんにちは。
事務担当の松山です。
医師国家試験の合格発表がありました。
4月から医師になられる皆様本当におめでとうございます。

さて、当院は空席が2席あり、引き続き一緒に働くメンバーを募集ています。
海道No1の救急搬送台数で様々な症例を経験し、医師としての基盤を作る大切な2年間を有意義に過ごすことができます。同期11名と忙しい中にも楽しく充実した研修をしましょう!詳細は下記よりご確認下さい。

【募集人員】
 募集定員11名に達するまで募集いたします。

 

【研修医の処遇】
 1.身分 札幌東徳洲会病院常勤医師
 2.住居 家賃補助有(上限50,000円)
 3.休暇 有給休暇-初年度10日 2年目より毎年1日増加(20日限度)
 4.給与(予定)

  1年次 基本給:340,000円 賞与(年)/440,000円(税込み)
  2年次 基本給:380,000円 賞与(年)/760,000円(税込み)
 当直手当 1年次:25,000円/回、2年次:30,000円/回(給与は昨年実績です)
 5.保険 徳洲会健康保険組合、厚生年金、雇用保険
 6.その他 学会参加費用についての補助規定あり

 

【研修期間】
 2年間

 

【選考日程】
 時受付いたします。

 このページの情報に関するお問い合わせ先

 医局事務管理室 松山 智行

 mail:ishi_kenshu@higashi-tokushukai.or.jp

 Tel:011-722-1110 / Fax:011-722-0378

 以上、ご連絡お待ちしております。

IMG_1650.JPG

​​
医学生の皆様へ

2020年03月06日

こんにちは。事務担当の松山です。
ここ数カ月は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で病院見学を控えられている方が多い思います。
毎年3月~5月のゴールデンウィーク期間は病院見学、7,8月は採用試験が行われる時期です。
皆さんはこのまま何もしないでマッチングを迎えられないのではないでしょうか。

そこで当院初期臨床研修委員会では、医学生からの色々なお問合せに対応致します。
下記問い合わせ先にmailまたはお電話ください。
皆様のお悩みに少しでも解決できればと思います。
北海道・札幌での初期研修、救急医療やプライマリケアに興味のある方はぜひご連絡ください。
いつでも連絡お待ちしております。

【お問合せ内容】
・マッチングについて
・初期臨床研修プログラムについて
・病院見学について
・その他何でもご相談ください

【お問合せ先】
札幌東徳洲会病院 医局事務管理室 松山
mail : ishi_kenshu@higashi-tokushukai.or.jp
TEL  :  011-722-1110(内3930)

2019年度 1年次研修医10名
IMG_1650.JPG













札幌東徳洲会病院大忘年会 

2019年12月24日

みなさん、こんにちは。

1年次研修医の林秀斗です。

先日、病院の忘年会があったので記事にしようかと思います。

あれ?前回も忘年会の記事あげてなかったっけ?と思われるかと思いますが、前回は医局忘年会で今回は病院全体の忘年会です。

600-700名が参加する大規模な忘年会です。各署多くの方々とお酒を交わせたので、新入した我々研修医にとっては懇親を深める良い機会となりました。

 

ただ、我々にとって病院忘年会では1つ大きな試練があります。

そう、1年次研修医にはこの忘年会で芸だしをやらないといけないという使命があるのです。

悪しき風習ですね()

1ヶ月前ほどから業務後に、ネタの打ち合わせや練習を入念に行いまいした。

『トク()チュラージャパン』みなさん楽しんでいただけましたかね!?

 

後は、写真が物語ってくれると思います。

1.png

2.png

3.png

医局忘年会

2019年12月16日

皆さん、お久しぶりです。

1次研修医林秀斗です。12/11に医局の忘年会が開催されたのでブログに書こうと思います。

札幌東徳洲会病院の医局忘年会では来年入職予定のマッチング者も忘年会に参加してもらって国試の応援をします(プレッシャーをかけます笑)。この時期に同期と顔を合わせることで医師国家試験合格に向け良い弾みとなります。


ちょうど一年前に自分たちが参加したのが懐かしかったです。

無題.png

これが去年の写真ですね。みんな笑顔ですね、楽しそう。


2019.12.11.png

これが今年の写真ですね。なんかみんな顔老けましたかね、医師となり約10ヶ月少しは成長したかな(笑)。


新1年次.png

ちなみの来年入職予定の9名です。

みんな若くてフレッシュですね、2月の国家試験がんばってください! 僕たちみたいにならないように(笑)。

忘年会は國部副院長のあいさつから始まり、清水名誉院長のありがたいお話、未来の研修医たちに抱負を語ってもらったり、サプライズながら住吉先生の素敵な締めの挨拶と、全員気持ちが引き締まり来年に向けてとても有意義な会となりました。

忘年会終了後は毎年恒例のマッチ者のみで2次会で、士気を高めてもらいました。同期の約半数は道外出身者なので、今年も北海道の海の幸を堪能してもらいました。

僕たちも久しぶりに10人全員揃ったので、時間の許す限り語らい合いました。↓

寿司屋.png


次は病院全体の忘年会がありますね。

研修医は毎年余興を担当します。またブログで紹介するので、皆さんお楽しみに。

笠井Dr.png

See you again!!