研修医情報誌 HIGATOKU〔秋冬号〕刊行いたしました!!

2020年11月17日

この度、札幌東徳洲会病院研修管理委員会は、当院の研修内容や北海道の魅力を皆様に知っていただけるよう研修医情報誌 第2弾『HIGATOKU-秋冬号-』を刊行いたしました。

ぜひこの機会に当院の研修体制を知っていただき、研修先選びの参考にしていただきたいと思います。

今回は、北海道の観光やグルメ情報も掲載していますので、道外の医学生の方にもお楽しみいただける内容となっています。

研修先を選ぶうえで、周りの環境や食はとても重要です。北海道に数多くあるおすすめの観光地、グルメの中から厳選して紹介していますので、見学に来られた際はぜひ参考にしてください。


また、125()14:00から、当院主催のオンライン説明会&勉強会を行います。

画面越しではありますが、指導医、研修医の生の声を聞いて、当院の2年間の研修で何が身につくのか理解を深めてもらえたらと思います。

勉強会『救急×画像診断』では、日本救急医学会救急専門医を持つ、放射線診断科の松田律史医師が、救急医、放射線診断医、両方の立場から初期研修医になって困らないテクニックをお伝えします。

また、第3部の座談会では、当院研修医が皆さんの質問にお答えいたします。現在コロナ禍で病院見学に行けずお困りのことと思います。見学数が限られる中、病院見学時、研修病院を選ぶ上でのポイントをしっかりお伝えします。
この説明会・勉強会が見学に来るきっかけになれば幸いです。

開催前日まで参加を受け付けていますので、皆様の参加を心よりお待ちしております。

参加希望の方は、下記URLをご確認ください。

https://www.higashi-tokushukai.or.jp/resident/index.html


【お問い合わせ先】

札幌東徳洲会病院 臨床研修委員会

mail:ishi_kenshu@higashi-tokushukai.or.jp

Tel:011-722-1110 / Fax:011-722-0378


【HIGATOKU-秋冬号-】

秋冬号_表紙.jpg


秋冬号_中面1.jpg


秋冬号_中面2.jpg

12月5日(土) 臨床研修説明会&勉強会(オンライン)

2020年10月23日

当院は、下記の日程でオンライン臨床研修説明会&勉強会(ZOOM)を開催致します。

研修内容の説明に加え、前回大変好評いただいた勉強会は、事前アンケートでニーズの高かった『画像診断』をテーマに行います。
CBTやポリクリが終われば、あれよあれよと初期研修が始まります。最初の当直で困らない救急外来での「臨床推論×画像診断」を体験できるよう企画しました。
数年後に医師になる皆さんに臨床の場で役立つスキルを伝授します。
また、第3部の座談会では、当院研修医が皆さんの質問にお答えいたします。現在コロナ禍で病院見学に行けずお困りのことと思います。見学数が限られる中、病院見学時、研修病院を選ぶ上でのポイントをしっかりお伝えします。
この説明会・勉強会が見学に来るきっかけになれば幸いです。
開催前日まで参加を受け付けていますので、皆様の参加を心よりお待ちしております。
札幌東徳洲会病院 救急センター・研修委員長 神野敦

◇札幌東徳洲会病院 オンライン臨床研修説明会&勉強会(ZOOM)◇
日時:2020年12月5日(土)14:00~15:30
対象:医学部4、5年生
参加費:無料(前日までに参加申し込みください)
【スケジュール】
14:00~ 開会の挨拶 救急センター副センター長・研修管理委員長 松田知倫
14:05~14:50 勉強会
『救急×画像診断』「救急診療・画像診断、最初の一歩」
担当-放射線診断科 研修副委員長 松田律史
14:50~15:10 説明会
『研修プログラム概要説明』
担当-救急センター 研修委員長 神野敦
15:10~15:30 座談会
『研修医への質問コーナー』
病院見学のポイントとマッチングに向けた研修病院の選び方等
〔お申し込み〕
下記mailアドレスに必要事項(氏名、大学名、学年、電話番号、自己紹介、説明会で聞きたい情報)を記載し申し込みください。ポスターのQRコードから簡単に申し込みできます。
申込後、ZOOMのID、パスコードをお知らせいたします。
札幌東徳洲会病院 医局事務管理室
TEL:011-722-1110
0001 (21).jpg


第2回 救急専門医募集Web説明会

2020年10月15日

下記の日程で、札幌東徳洲会病院救急科専攻医募集Web説明会(Zoomアプリ使用)を開催致します。

当院救急専攻医プログラムは、全国各地の救急病院と連携していることから、キャリアプランに合わせた研修が可能です。Web説明会では専門研修について詳しく説明致します。

また、前回大変好評いただいた『Dr,増井の心電図ハンター』のミニレクチャーも行います。

救急医を志す皆さんのご参加を心よりお待ちしております。



◇第2回 札幌東徳洲会病院 救急専攻医募集Web説明会◇


【日時】

2020年11月14日(土)16:00~17:00


【スケジュール(予定)】

16:00~丸藤哲センター長挨拶

16:05~心電図ハンターレクチャー

16:30~救急センター概要説明

16:50~参加者からの一問一答

*個別相談会希望の方は事前にお申込みください。


【申し込み】

札幌東徳洲会病院 救急科専攻医募集事務局 永井司

TEL:011-722-1110

mail:ishi_kenshu@higashi-tokushukai.or.jp


mailまたはポスターのQRコードからお申し付けください。

①氏名

②病院名

③卒年

④事前質問

⑤個別相談会参加有無

を記載の上お申込みください。



救急専攻医.jpg

整形外科外傷センター専攻医募集Web説明会のご案内

2020年10月05日

当院、整形外科外傷センターは、下記の日程で専攻医募集Web説明会(ZOOM使用)を開催致します。

説明会では土田センター長から専門研修プログラムついて詳しく説明致します。

◇センター長より◇

四肢骨盤外傷の手術症例数は人口1万人あたり150-160例と非常に多いものですが、その施行は決して容易ではありません。

良き治療技術を習得するために、多くのセミナーが開催されていますが、実診療を通しての習得に遠く及びません。

札幌東徳洲会病院整形外科外傷センターに「学習」「実践」「習得」の場を提供します。

厳しいセンター長のもとで激しいトレーニングを積み、今までとは異なる外傷整形外科医へと変化しましょう。

一緒に働いて頂ける仲間を募集します。

是非Web説明会にご参加ください。

土田 芳彦


【日時】
2020年10月24日(土)13:00~14:00〔参加無料〕

【対象】
初期臨床研修医・整形外科外傷に興味のある先生

【スケジュール】
①13:00~13:20 スタータープレゼンテーション
②13:20~13:40 一問一答
③13:40~14:00 チャットによる質問
担当:札幌東徳洲会病院 整形外科外傷センター長 土田芳彦
座長:札幌東徳洲会病院 事務次長(研修事務局)  永井司

【申し込み先】
医療法人徳洲会 札幌東徳洲会病院 専攻医募集事務局 永井司
☎011-722-1110

上記アドレスから申し込みの方は必要事項を記載してください。
①氏名
②病院名
③卒年
④年次
⑤事前にご質問のある方は記載をお願い致します。
⑥初期研修医以外の先生は所属科を記載してください。
⑦個別相談会を希望の方は「希望」と記載してください。
説明会終了後の開催です。

*申し込みは直前まで受け付けていますが、ZOOM ID、パスコードをお知らせしますので、余裕をもって申し込みください。
*事前にZOOMアプリを取得してください。
*Web説明会では、データ通信量が多大にかかる可能性がありますので、Wi-Fi環境をご利用の上参加ください。

ポスター(外傷専攻医).jpg
救急科専攻医募集Web説明会のご案内

2020年09月03日

札幌東徳洲会病院救急科専攻医募集Web説明会(Zoomアプリ使用)を下記の2日程で行います。

当院の全国各地の救急病院と連携していることから、キャリアプランに合わせてた研修が可能です。(下記のローテーション表を参考にしてください。)

0001 (1).jpg



Web説明会当日は、当院救急専門研修プログラムの説明に加え、救急センター部長の増井伸高医師による『心電図ハンター』のミニレクチャーも行います。

2021年度の専攻医登録が今月末か来月を予定されていますので、この機会にぜひ当院の研修について知ってもらえたらと思います。

救急医を志す皆さんのご参加を心よりお待ちしております。


【日時】

第1回:2020年9月26日(土) 14:00~

第2回:2020年9月27日(日) 16:00~

*両日とも参加無料


【スケジュール(予定)】

・センター長挨拶

・プログラム内容説明

・ミニレクチャー『心電図ハンター』

・質疑応答

・個別相談会(予約制)

救急専攻医ポスター.jpg

【お問い合わせ】

札幌東徳洲会病院 ER専攻医募集事務局 永井司

TEL:011-722-1110

mail: ishi_kenshu@higashi-tokushukai.or.jp


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


札幌東徳洲会病院 救急科専攻医プログラムのお誘い
<札幌東徳洲会病院 救急センターのご案内>

 

都市型ERで年間9000台程度の救急車を受け入れています。三次救急が5施設、単科病院がたくさんある札幌市では、見るからには診療科が絞れないなど他施設では対応困難な症例がERに集まります。救命センターの評価で使われる重篤患者数は1400/年となり、全国的に見れば小さな救命センターよりも多くなります。

 

外来としてはいわゆるER型ですが、院内他科との役割分担の結果、集中治療室を含めた15床程度の入院管理を行っています。敗血症、呼吸不全の重症例、複数科にまたがる外傷、単科で対応できるまでのstabilizeを含めた一般病棟管理など、Acutecareの範疇で、外来に軸足を置きつつも、入院まで一貫した管理を行っています。

 

2016年に現在の体制になって3名が専門医を取得、4名が専門医取得のために研修中です。徳洲会の救急らしくないと言われますが、明日労基が来ても構わないシフト制でOn-Offを大事にしながら、メリハリのある仕事ができる体制です。病院に泊まり込んで体で覚えた世代ではありますが、もうそんな時代ではないと考えています。

 

住みたい街ランキング全国2位という噂の札幌ですが、都市としての住みやすさと、ウィンタースポーツをはじめとした自然あふれる環境で、一緒に頑張りませんか。北海道内をはじめとした連携施設も自信を持ってお勧めできます。時節柄、見学に来て北海道の食を堪能していただくことが難しいかもしれませんが、ZOOM等によるオンライン説明を随時対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

医療法人徳洲会 札幌東徳洲会病院 救急センター長 丸藤哲