2018年12月11日

非常にご無沙汰しております。2年目研修医の崎山です。
たった今、ほぼ完成していたブログ記事が全て消えてしまって久しぶりのブログを書く気力がだだ下がりしていますが頑張ってもう一度書きたいと思います。。

11月は1ヶ月間鹿児島県は大隅半島にある大隅鹿屋病院で内科研修をしていたので報告しようと思います。

大隅鹿屋病院の内科の特徴は、循環器内科以外のすべての内科疾患を対象に診療していることです。
鹿児島の中でも僻地であり、鹿児島市までは車だとかなり遠回り、近道でもフェリーを使わないといけない、電車も通っていないという土地のため、患者さんからのニーズに答え続けていたらこうなっていたそうです。
肺炎尿路感染のような病気はもちろんのこと、不明熱、間質性肺炎、透析導入(腹膜透析も)、膠原病、内分泌疾患、肺がんの診断治療、虚血でない心不全まで、ほとんどなんでも自分で診ます。手技もブロンコや上部内視鏡、各種生検と幅広く行っていました。
1ヶ月の短い研修でしたが、リケッチア感染症のような北海道ではみれない症例から、間質性肺炎、尿崩症、その他ICUに入るような重症感染症、腫瘍まで経験させていただき非常に勉強になりました。
これからの日本に必要とされる総合的にみれる内科医の先生が数多くいて、とても刺激になりましたし、内科を目指す研修医は一度はみてほしいと思えるところでした。

またプライベートは、2日に1回は上級医の先生に美味しいごはんやお酒に連れて行っていただき、休日には鹿屋観光、桜島観光、鹿児島市観光ととても充実した1ヶ月でした。
火山灰だけは少しつらいものがありましたがまたいつか訪れたい土地です。。

以上簡単ですが研修報告でした。

追伸:
8-9月は新潟の山北徳洲会病院、11月は大隅鹿屋病院と、最近当院を留守にしていることが多かったですが、本格的に帰ってきて、1年次研修医が成長して頼もしくなっています。そのかわり下からの突き上げにびくびくする毎日なのでより一層自分の勉強にも力をいれようと思えるところが、当院の良いところだなーと改めて思いました。


IMG_8426.JPG
鹿児島市の展望ポイントからみた桜島。
たまに火山灰が降ってくるという貴重な体験をしました。
IMG_8421.JPG
鹿児島といえばしろくま。黒豚もたくさん食べました。

北海道胆振東部地震

2018年10月18日

みなさまお久しぶりです。
1年次研修医の和田卓也です。
久しく更新がなく、和田はどうなっているのか。
福田先生にいたっては生きているのか。
といった声もちらほら聞こえてまいります。

研修医旅行@ニセコがあまりにも盛り上がり、
そろそろブログに書かねばと思っていた矢先でした。。。
北海道胆振東部地震が当院を襲いました。

札幌市東区でも震度6弱を観測。
僕はその瞬間まさに当直中でした。
救急隊からのホットラインが鳴り響き、
病院職員もぞくぞくと集まり災害対策本部が立ち上がりました。

北海道全域が停電するという非常事態の中、
当院も非常用発電機への切り替えがうまく行われず、
普段の1割ほどの電力しか使えない状態での診療を余儀なくされました。

我々研修医は通常の各科での研修を一時中断し、
3交代制で救急外来に専念しました。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

インフラの整わない中での診療は、日々の診療とは異なり全てが手探り状態でした。
皆で力を合わせて結果的になんとか乗り切れたのではないかと思います。

救急に強い病院 ≠ 災害に強い病院 であり、
≠ を = にする努力をしていかなければならないと共有しました。


幸いにして、札幌の街は余震もほぼなくなり、平穏な日々を取り戻したように感じます。
これからも皆様が忘れたころにブログを更新できるよう頑張ります。


追伸1)
本日、来年度のマッチング結果が発表されました。
当院は11人フルマッチしたようです!!
僕の知る限り、みなさんしっかりして頼もしい人ばかりですね。
来年が楽しみです!
あと半年、僕らもまだまだパワーアップせねば。

追伸2)
ブログ係の和田、福田ともに元気に生きております。
しかし僕ら道外勢、北海道の寒さにやられ気味です。
まだ10月やん!!
僕は早くも暖房のスイッチを入れました。
みなさま体調にはくれぐれもお気を付けください。
2018.9.23-24  AMLSコース@札幌東徳洲会病院

2018年10月02日

このブログを見ていただいている皆さん、初めまして。札幌東徳洲会病院1年次研修医の神林諒(カンバヤシマコト)と申します!旭川市出身ですが、大学は札幌医大でございます。月に一度できるかどうかのソフトテニスを糧に張り切って研修医やっております!

 

 普段ブログを書いている和田先生や福田先生に代わり、当院で開催されたAMLSコースに参加してきましたのでご紹介したいと思います。

 AMLSコースとはAdvanced Medical Life Supportの略で、アメリカ合衆国のparamedicを養成するためのコースです。救急隊が現場に到着してから病院に搬送するまでの短い間に適切なアセスメントを行い、迅速に対応する能力を養うことを目的としています。

 

 当院研修医から僕を含め4人が参加。半年間救急外来で培った経験を活かして各シナリオに挑みました。循環器系から中毒まで幅広い分野のシナリオを2日間かけてトレーニング。その甲斐あってか無事に全員が試験を突破し認定証を受け取りました。

 

 僕たち研修医は日々多くの救急車を受け入れ、診療にあたっています。そこで培った経験にプラスしてAMLSのような知識とトレーニングがあることでよりレベルの高い診療ができるように研鑽を積んでいます。ただ数だけをこなすだけじゃない当院の救急外来を是非一度見学に来ていただければ幸いです。

 

 次回は和田先生、福田先生から仕事以外の面が聞けるかもしれません。こうご期待!

 

 

1年次研修医 神林諒

 

*paramedic:米国などにおける高度な救命・緊急医療処置が可能である救急隊員のこと。


1537851564112[287].jpg


WIN_20180924_153818[289].JPG

二世古

2018年08月30日

猛暑に苦しむ本州のみなさん、こんにちは。
1年次研修医の和田です。
札幌は早くも秋めいてきております。
熱燗のおいしい季節ですね。

医師国家試験対策セミナーinニセコに研修医数名で参加してきました。
ニセコの大自然の中で勉強して、うまい飯を食って、酒を飲んで、また勉強するというセミナーですね。

DSCF2024.JPG

僕たち研修医は、ここぞとばかりに日頃の疲れを癒しに行ったはずだったのですが、、、
国家試験の勉強も侮れませんね。
今の僕たちが聞いてもとてもためになる内容でした。
民谷先生、松田先生、ありがとうございました。
そして参加してくれた学生のみなさんありがとうございました。
ハードながら楽しいひと時を過ごせましたね。是非これからも頑張ってください!

DSCF2269.JPG

羊蹄山が見事に雲に隠れていますね。
でも大丈夫、僕たちはまたすぐに戻ってくるのです。
今週末は待ちに待った研修医旅行@ニセコです!!
更新をお楽しみに。
上級医が教えてくれないセミナー

2018年08月02日

大変ご無沙汰しております、一年次研修医の和田です。

暑い日が続いてますね。
いくら札幌とはいえ、ここ数日は少し寝苦しい夜が続いております。

ブログ係の福田、和田ともに夏バテぎみで更新が停滞気味であります。すみません。


先日、上記セミナーが当院で開催されました。
なんも教えてもらえんのかと心配になる題名でしたが、
上級医が教えてくれない(ようなことを教えてもらえる)セミナーでした。

患者さんとの接し方、チーム医療について、医学書の効率的な使い方についてなど、
普段の臨床研修ではなかなか立ち止まって考える機会のないことを考える良い機会となりました。

youtubeの動画を効果的に学習に取り入れる講義は特に印象的で、早速実践しています。
本で読むより圧倒的にわかり易いですもんね。

IMG_1099.JPG


ついに研修医のお揃いのスクラブが完成しました!
記念にパシャリ。
サッカーの試合前のやつを意識してますね。ワールドカップですね。
もはやあの盛り上がりも少しなつかしいです。

H30集合.JPG


真ん中の人は相変わらず目が逝っちゃってます。気合入ってますね。

IMG_1076.JPG

男だらけ、仲のいい同期で毎日楽しくやっております。
ではまた。