Mafuyu

2017年10月11日

2年次研修医、住吉です。

みなさんいかがお過ごしですか。札幌は完全に冬です。あとは雪が降るのをまつばかりです。
私の家はストーブつきっぱなしです。皆には10月にストーブつけるなんて、おかしいなんていわれますが、おかしいのは札幌の人たちです。季節でストーブをつけるのではなく、寒くなったからつけるのだという、当たり前の感情を忘れています。
こういう人たちは、どうせまだ寒いのに、5月になったら半そでとか短パンでおでかけしちゃうだろうし、患者さんの、症状はみずに、数値だけで診察をする適当人間まっしぐらに違いありません。
そこまで説明しても、札幌の人たちは、

「だから、そもそも10℃切ったくらいでは寒くないから」

みたいな反論してきます。こういう人たちは、多分肌が死んでいて、寒さを感じられないのでしょう。かわいそう。


さて、この前500年ぶりくらいに、当院のホームページを見ました。
というのも、10月って時期的に採用試験も終わって、勧誘の対象が5年生に移っている時期なんです。
で、そういや昔研修医の声、みたいなコーナーがあって、そこに、研修医の中でも優秀な選ばれしものが当院のいいところをプレゼンする、よくパンフレットにのってそうな感じだったなあと、ふと思い出たのです。
毎年、3人の2年次研修医が、そのコーナーに抜擢されます。
当然、研修医ブログを任されている私は、選ばれるにきまっています。なのにいつまで待っても、オファーが来ません。
あ、さては松山さんや永井さんがおっちょこちょいだから更新するのを忘れてるだろうな。教えてあげなきゃな。
そんな感じで見てみました。



とっくの昔に更新されてました。
しかもそこそこ吟味してえらんだであろう3人。。
そいでまたそこそこまともなこと書いてるやんか。。。

。。。


まああれだ。高橋、山田、高島は、普段目立つ機会無い人たちだからね。たまにはスポットライトに当ててやらないとね。


まあとにもかくにも、知らなかった人たちは、一読してみてください。当院がどんな研修をしているか、少しでも垣間見れるとは思いますよ。
来たれ!5年生のみんな!!(それ以下でも可)

ではまた。
専攻医の登録が開始されました

2017年10月11日

札幌東徳洲会病院では卒後臨床研修制度として、平成14年度より、初期臨床研修修了者を対象に、さらに専門分野の知識・技術を修得させる事を目的に、専攻医制度を実施しています。
平成30年度から開始される新専門医制度に当院は下記の内容で専攻医を募集致します。


申請内容・プログラムはこのアドレスから参照してください

        

http://www.higashi-tokushukai.or.jp/special/outline.html

札幌東徳洲会病院 研修修了者として

2017年10月03日

札幌駅から20分もすれば当院に到着する。休みシーズンになると全国からの医学科生の病院見学増え、各々いろんな目をしてやってくる。見学にきて面食らう者、見学が終わってからの夜を楽しみにしている者、何しに来たかよくわからない者、いろいろいる。ただ、間違いないのはそのほとんどが医師免許を取得し現場に出て行く。学生時代どうしようもなかった連中含めて全員にいるべき場所、やるべきことがあって、今までとは全く違った尺度で周りに見られている自覚が欲しい。現場では、学生時代のように数字では評価されない。一番大切なのは〝心〟。飲みに出かけても、同期同士で治療方針に関してケンカができる、そんな病院。悪口、陰口は言っても、解決のためにその後のアクションを起こせるし病院側も応えてくれる、そんな病院。研修医であれど責任感を感じる場面が多い。これは他の病院ではなかなか味わうことのない感覚であり、〝立場がその人を変える〟まさにそんな場所。プレイボールからなぜかピンチの連続である研修ではあるけれども、何回でも逆転のチャンスがやってくる。チャンスが欲しい人間には何度でも機会が与えられ、肉体的、精神的に苦しい時には気遣ってもらえる、そんな病院。忙しい2年間の研修を修了した時に〝やりきった感〟でいっぱいになるより〝自分の選んだ科で盛り上がっていく〟という気にウチならなれる。過去形でもなく、未来形でもなく、現在形でもなくて、現在進行形をしっかり全うすることがウチならできる。

 

札幌東徳洲会病院初期研修修了 徳島大学病院救急集中治療部 上野義豊

9月には帰らない

2017年09月27日

2年次研修医、住吉です。

青森県立中央病院でのNICUの研修も、残りわずかとなりました。短い期間ではありましたが、たくさんの症例に関わらせていただき、様々な手技・経験を積ませてもらいました。

▼できたこと
・NCPR(新生児蘇生法)を実践できた(挿管以外。。。)
・光線療法いるかいらないか判断する
・ヒールカット採血
・静脈採血(2回刺すのはセーフ)
・ルート留置(点滴が入らないこともある)
・輸液、母乳の適切な量を指示する(指示は直される)
・新生児健診ができる
・ガスリー採血ができる
・熟睡中でもスリーコールで出れる

▼できないこと
・挿管
・エコー(保育器のなかとかむずかしい)
・動脈穿刺(動脈がない)
・PICC留置(むずかしそう)
・Xp読影
・各薬剤の適応など
・回診でのアセスメント
・座学での勉強(すいません)
・できないとすらわかっていない数々のこと

▼知ったこと
・徳島はムンテラ、札幌はI.C. 青森はムンテラ
・生まれた日に親に説明しても、上の空のことも多いので、何回もムンテラ
・3日で100g増えたりして、昨日までの適正量が、過少になっていたりする
・above PEEPは「エビピープ」といえばなんとなく伝わる
・三つ子の魂、零から
・他病院とのかかわり方
・超急性期は、1日6回とかエコーしたり、採血したりしている
・毎月医局の飲み会がある(良い会場)
・点滴とるとき僕がどれだけ血管潰しても、上級医に変わると、多分新しい血管が生えてきて、成功する
・青森は日本語通じる
・1か月は短すぎる。来年行く人がいれば2か月は行くべき。産科+新生児科 青森コースとかでも。
・新生児科があると、産科はいきいきする

刺激になりました。まだ終わっていませんが、スタッフの皆様本当にありがとうございました。
10月からは放射線科での研修です。2年目も折り返し。前半戦は、5か月外病院での研修だったので、色々、様々、沢山の人たちと関わって、医療の在り方を見て、考え方を見ました。後半戦がんばります。

ではまた。

追伸1
テレビもwi-fiもないけれど、夜は来るので星空とか見ています。
青森もなかなかの夜空をお持ちです。
徳之島もきれいな夜空でした。徳之島組ならわかると思うけど、家の裏の海岸の防波堤で夜空見たよね?
口惜しきは、この夜空を伝えるには言葉では難しく、綺麗に写そうとも、自分の瞳以上の媒体がないことです。(かっこいい!)

追伸2
地震がありましたが、住吉は生きています。J-アラート、スリーコール以内に目を覚ませました。

追伸3
新専門医制度がようやく現実味を帯びてきた感が。どうしたものか。情報収集しなきゃなとおもって、10月が迫っている。

追伸4
「9月には帰らない」 松任谷由美のアルバム、紅雀に収録。

やっほっほ夏休み

2017年09月22日

小学生の頃こんな歌詞の夏休みソングを学校で歌ってたような。

こんにちは、1年次研修医の崎山です。
1ヶ月ぶりのブログ更新となってしまいました。住吉先生すみません。

実は私、先週夏休みを1週間とらせていただきました。
当院では年に一度1週間の夏休みをいただけます。
今回はそれを利用して東京と、故郷沖縄に帰省していました。
この夏休みのテーマは、「友人に会うこと」ということで、東京〜沖縄でひたすら食事会飲み会の毎日をすごしておりました。
大学の同期たちとそれぞれの研修の話を酒の肴に飲み明かすのはとてもいいですね。
うちの強みやよその強みもいろいろありますが、みんな頑張ってるんだな〜というのが感想です。これからもローテ、当直がんばろ。

ただ今回悲しいかな、今年初の台風が当たった日に帰省がかぶるというミラクル。
ずっと悪天候で海に行くのはあきらめました。。。
しかも札幌に帰った翌日その台風が追いかけてくるという。。。何か悪いことをしたのかもしれません。
でも沖縄すごくいいとこなので、読者の皆様もぜひ一度めんそーれ


IMG_6855.JPG
飲み会ばかりだったので、upできるのは国際通りの写真のみでした^^;
札幌とは街中でみる植物が違いすぎます。帰ってきたなって感じますね。


p.s.
2年次住吉先生から青森で一番美味しいたべものアップルパイが医局にとどいてました。
みんなでおいしく頂きました。ありがとうございます。