「各科研修と半年の振り返り」麻酔科編

2021年10月14日

一年次研修医の山﨑偉道です。2か月間研修した麻酔科と半年間の振り返りをします。

まず、麻酔科研修ですが、Aライン確保と挿管ができるようになりました。ローテ始めはなかなか上手くいかないことが多かったですが、先生方の手厚いご指導で、できないから代わるだけでなく、できなかった理由を客観的に考察してフィードバックしていただきました。手技に対する手順の理解はもちろん、患者さん毎の微妙な違いを考えながら手技を行うことで、最終的には上記手技を自信を持ってできるようになりました。

救急外来は状況が違い、手術室と全く同じ環境ではないですが、麻酔科で学んだことを生かして研修に励みたいと思います。

半年間で総合診療部、麻酔科、救急科を研修し、残りの半年は内科系、外科系とバランスよく研修できるのでさらに医師としての基礎をしっかりと学びたいと思います。

最初に入った当直では周りに言われるがままという感じでしたが、最近は少しずつではありますが、一通り診療ができるようになってきた気がしますが、より一層研修に励んで自信を持って診療当たれるようになっていきたいです。

当院の初期研修はどの科も主体的に取り組むことができ充実した研修を送れていると感じますので、気になる方はぜひ一度見学に来てみてください。


写真は、4階にある医局から撮影した秋空と手稲山

FC35B9DD-218D-4ABD-B2DB-C624116B93FA.jpg

「各科研修と半年の振り返り」総合診療部編

2021年10月13日

一年次研修医の小林圭太です。6,7月に2ヶ月ローテーションした総合診療部研修の感想を書かせていただきます。

当院では入院管理はもちろん、転院調整や施設・かかりつけ医への手紙作成といった専門研修で必要になる業務を安尾和裕部長のご指導のもと、研修医主体で行います。

患者の退院後の姿まで見据えた診療を学ぶことができ、非常に勉強になりました。

また、感染症診療で著名な岸田直樹先生に週2回来ていただいてカンファレンスおよび新患紹介のプレゼンがあり、熱いDiscussionが繰り広げられます。

担当する患者は2〜3人程度ですが、患者ひとりを診ることはこんなに大変なんだと思い知らされ2か月となりました。

半年を振り返ってみても、総合診療部研修の2ヶ月間が一番頑張った期間でもあり、成長した期間だと思います。

来年度の入職予定の皆さんは2年次になる我々と一緒にローテーションすることになります。残り半年で医師としてさらに成長して皆さんをお待ちしています。


*写真は、毎週月、水曜日に岸田直樹先生が参加されるカンファレンスの様子です。F989A8E7-361B-4323-A66B-65294089C270.jpg

「各科研修と半年の振り返り」消化器内科編

2021年09月30日

一年次研修医の沼澤拓郎です。消化器内科研修の感想と半年の振り返りをしたいと思います。
 私が消化器内科をローテートさせていただいたのは8月の5週間です。この時期札幌ではビアガーデンで人手が賑わう季節でしたが、新型コロナウイルスの影響で今年はオンライン開催となり夏の風物詩を直接見ることができず残念でした。早く収束して北海道の食や観光を楽しめるようになることを祈るばかりです。
さて、消化器内科での1日はカンファレンスと回診から始まり、日中は内視鏡見学と病棟管理がメインとなります。基本的には指導医の先生が医師業務のノウハウを丁寧に教えてくれるため、だいぶ力をつけることができました。次に回る機会があればもう少し内視鏡に触ってみたいと思いました。
 ここ半年を振り返ると、入職前にイメージしていた忙しすぎる日々とは違って、自分の時間を確保しながら効率よく勉強も捗り、良い研修ができていると実感しています。
このご時世柄、人との交流がなかなか難しくなってしまい、個人的にはお酒とともに仲を深めるのが得意であるため、思うような結びつきができないことが残念ですが、そんな中でも職場で指導してくれる指導医の先生方や切磋琢磨できる同期を大切にしてこれからの研修も励んでいきたいと思います。

*写真は、消化器内科研修で大変お世話になった坂本部長です。
S__7356454.jpg

「各科研修と半年の振り返り」救急センター編

2021年09月21日

一年次研修医の宮城左京です。6月の1か月間研修した救急センターと研修半年を振り返って記載します。

救急科研修は、道内でも指折りの救急搬送台数があるので、忙しい時は連続で34人の患者様を見ることもありましたが、上級医、指導医の先生がしっかり見てくれているので困っている時に助言や手厚いフィードバックを受けることができ、忙しいながらも安心して対応をすることができました。また、多岐にわたる疾患を経験できたことは医師として、とても成長できたと自分なりに実感しています。残りの半年でさらに診療力をつけたいと思っています。

 

当院での半年を振り返って、まだまだできないことが多く、2年次研修医とは大きな差がありますが4月に比べると確実に成長できていると感じます。忙しい事も多いですが、しっかりプライベートな時間が取れるので、とても充実した研修医生活を送れています。あと半年で一つ上の先輩研修医の様になれるのか不安ではありますが、来年の新研修医にしっかり指導できるようにこれからも頑張っていきたいと思います!


*写真は、8月に研修していた市村研修医、山﨑研修医の救急勉強会の一コマです。

9DB87AB5-BAF0-4D64-A284-4619371E252C.jpg

9B9BF47A-3ACE-4B73-BB63-6C1F609F7F98.jpg

医学生の皆様に送る 『HIGATOKU 5つのススメ』

2021年06月17日

今年度も新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、不自由な大学生活を送られている方が多いと思います。
そんな皆様に、どの様な状況でも自分に合った研修病院選びができるよう『HIGATOKUの5つのススメ』を作成しました。

HIGATOKU 5のススメ.jpg
①個別相談会 オンライン(ZOOMミーティング)を使ってご希望の日程でお話しできます。
②見学 「コロナに罹らない、持ち込まない!」感染対策を徹底して、現在も継続して受け入れしていますので安心してお越しください。
③Web説明会 6月26日(土)14:00~勉強会、説明会、談話会を開催。
④募集要項 来年度の研修プログラムの説明、指導医、研修医のメッセージなど紹介しています。
⑤採用試験 今年も3日程で開催します。その他の日程での受験も柔軟に対応します。

【お問い合わせ】
札幌東徳洲会病院 研修管理委員会
TEL:011-722-1110
mail:ishi_kenshu@higashi-tokushukai.or.jp

どの様な内容もお気軽にお問い合わせください。