SENCE vol,6~神経救急セミナー 6月17日(土)開催!!

2017年05月11日

毎年ご好評いただいております神経救急の勉強会を開催いたします。
今年で第6回目となり、昨年より事前にe-laerningで動画での自己学習が可能となりました。
医学生はもちろん研修医、医師、看護師、コメディカルとどの職種の方にもご参加いただけます。
実際に体を使っての参加型勉強会なので、しっかりと身に付けて帰っていただけます!
席に限りがありますので、興味のある方はぜひご連絡ください。
セミナーの詳細は下記よりご確認ください。

*セミナー名*
SENCE(Sapporo East Tokushukai Hospital Neurologic Course for Emergency)vol.6
~神経救急の"センス"を身につける学生・研修医のための1日コース~

*開催日時・場所*
2017年6月17日(土曜日)12:00~17:00 ※受付開始11:45
会場 札幌東徳洲会病院  新棟5階 センターホール
参加費は学生1500円、その他3000円

*セミナーの概要* 
 コモンディジーズの脳卒中やめまい、よくある頭部外傷を勉強します
 研修医が苦手な箇所を丁寧に説明します。
 実際のベットサイドの診察・手技は体を動かして体感します。
 神経救急領域では全国でも類をみない学生・研修医参加型のセミナーです。

*過去の参加者コメント*
 脳神経外科医師へ自信をもってコンサルトできると思います。(研修医1年目)
 脳卒中の患者役を演技したのが実は一番が勉強になりました。(医学部6年生)
 体をたくさん動かして学ぶことスタイルは大学の授業でとは違い、すごく楽しかった。(医学部5年生)
 身体所見から どこに異常があるか「攻めて」MRIを読むことができそうだ。(研修医2年目)

*コース詳細*
Section1 攻めの3分間の神経身体診察 & 攻めのt-PA
Section2 麻痺患者のCT/MRIピンポイント指摘読影術
Section3 ERから専門医へつなぐ脳卒中の治療アップデート。
Section4 画像に頼らない、明日から使えるめまい診察伝授。
Section5 軽傷頭部・頚部外傷CTいつ取るの?取らないの?
(*内容に関しては一部変更になる可能性もあります。)
下記URLからも詳細が御確認できますので、ご参考ください。
http://www.higashi-tokushukai.or.jp/early/sence/sence.pdf

すべての座学がe-laerningで動画での自己学習できます。
動画は参加者各自に連絡させていただきます。

動画の閲覧はセミナー受講後に見れなくなることがありますが受講後も閲覧可能なアカウントをプレゼントします。
セミナー後に確認したいときは、いつでもどこでも半永久的に閲覧可能なので大変お得です。
定員数に限りがございますので申し込みはお早 めにいただくことをオススメいたします。

*申込み方法*
 参加希望の方はご氏名(漢字・ローマ字)、病院・所属科・所属科または学校名・年次、、卒業年次、研修医 、看護師、コメディカルを明記の上(医学生の方は大学名と年次とメールしてください)、メールで下記担当者へお申込みください。
E-mail:matsuyama@tohtoku.jp

札幌東徳洲会病院 SENCE事務局 松山智行  代表:011-722-1110

SENCE.jpg

研修医紹介 vol.2

2017年05月01日

おはようございます、1年次研修医 崎山です。

当直に入り始めてはや3週間。
未だ出会う症例のほとんどが初めてという状態で、対応にあたふたしてしまいます。
当院ではまずfirst touchを1年目にさせて貰い、先輩や上級医にアセスメントしてサポートして貰っています。
最初はわからないことだらけで辛いことも多いですが、症例に実際に触れ自分で考えることで成長が得られると思います。


では待ちに待った研修医紹介コーナーです。
マッチングを考えてる学生さんはどんな先輩がいるのか、ブログでも覗いてみてください。
まずはわれらがリーダー大久保の紹介です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さま初めまして1年次研修医スーパーリーダー大久保諒です。
まずリーダーになったいきさつをお話しします。
私たち東徳洲会の研修医はブログ係、当直表係などそれぞれ仕事が当たるのですがリーダーが一番ラクなのです。
入職式でカミカミの挨拶をした私は仕事決めの時一番ラクなリーダーをやりたかったのですが自分からリーダーやりたいと言うとこいつヤバい奴だと思われるので、「いや一応入職式で挨拶したけど俺なんて全然リーダーとか向いてないし、てへ」とか言いながら自分がラクな仕事になるように仕向けてました同期の皆さんごめんなさい。特に当直表係とかは絶対にやりたくありませんでした。

さて、

ざっと経歴を話すと生まれは北海道浜中町で釧路市で育ち、旭川医大を卒業してこちらの研修医になりました。要するに田舎者です
初めて地下鉄に乗った時カッコつけて吊革に捕まらなかったら発進時僕だけヨロけたのを今でも鮮明に覚えてます。
部活はサッカーとバンドをやってました。

研修医生活が始まり一ヶ月が経ちましたが日々自分の無力さにモンモンとしながらフラストレーションを筋肉に変えるべく筋トレに励んでおります。幸い同期には恵まれ長身ハーフイケメンから変態、空手美女まで取り揃えております。
長くなりましたが僕らの学年は仲が良くいい奴ばっかりなのできっとやりやすいとおもいます!ハードなだけではなく毎日開かれる勉強会や抄読会などインテリな部分も充実しているので是非病院実習に来て下さいね!

p.s 仕事ができないと全くモテません

IMG_0159.JPG


参考:前列右から2番目がリーダー大久保。

医局歓迎会

2017年04月27日

こんにちは。1年次研修医の崎山です。


札幌はまだまだ寒い(札幌の人的には暖かいらしい)ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。


オリエンテーションが終わって約3週間。

仕事に慣れたとは言えませんが、先生方やスタッフと気軽に話せるようになってだいぶ動きやすくなりましたね。


医学生のみなさんは、まだまだぎこちないけど必死にもがいてる1年目と、僕らが神のように慕っている2年目との差を見学に来て、1年の伸びを実感してもらうのもアリかと思います。


さて、先日は医局歓迎会が札幌市内のホテルで開催されました。

1年生の自己紹介タイムの後、松田研修委員長からは厳しい研修をするように、清水名誉院長からは決して今の初心を忘れぬようにと、ありがたいお言葉を頂きました。


IMG_6089.JPG




IMG_6090.JPG



そういえば前回、次は1年次研修医の紹介をすると言ったのを今思い出しました。

すみません、準備を忘れてしまったのでまた次回ということで・・・


次回は、当院の当直業務についてと我らがリーダー大久保からの挨拶でお送ります。では\(^o^)/

長い距離をはるばる

2017年04月15日

二年次研修医、住吉です。

我らが研修医の父親、永井さんがはるばる徳之島に来てくれました。

IMG_0683.JPGのサムネール画像のサムネール画像


札幌は前の日雪降ってたとか言ってました。
いやいや、さすがにこっちは25℃あるし、同じ日本でそんなに差があるわけないですもんね。
永井さんも僕を喜ばせるために必死だなーと思いました。でも僕はとっても嬉しかったです。疲れたとは思いますが、おいしい串揚げを頂きました。

永井さん、おぼらだれん~。


じゃ、うがあしかやぁ。


追伸

札幌 天気 2017年4月12日で検索しました。
すいません。やっぱり北海道どうかしてるよ。
初投稿

2017年04月08日

はじめまして。
新たにブログ係を担当することになりました、研修医1年目の崎山広大です。

僕は今まで萩原先生、住吉先生のブログを読む側だったのですが、
まさか自分がブログを書く側になる日が来るとは思いませんでした。
今このブログを読んでる医学生のあなたが来年のブログ係かもしれませんよ。


ここで僕のことを簡単に自己紹介します。
琉球大学出身の崎山広大といいます。ブログ係になったのは多分最初の飲み会でお喋りが過ぎたからです。
生まれも育ちも沖縄県で、人生25年目にして初めて県外へでてきました。
あまりの寒さに、もう次の冬が心配です。。。
大学時代はハンドボール、中医学研究会に所属してました。
どの病院よりも活気のある先輩方の姿をみて入職を決めたので、自分もそんな先輩になれるよう頑張ります。
医学生の皆さん(とくに僕の後輩)はぜひ当院へ見学に来てくださいね。


さて、第一回目ということで、今年の1年次研修医の写真をお披露目したいと思います。
今年は当院の研修医9人(フルマッチ)と、たすきがけ3名の計12名。
そうです。なんと昨年までよりひとり増えました。

IMG_0159.JPG

写真はオリエンテーションで行ったGrowth Mindset後の写真です。
ざっくり言うと自分の失敗した経験を発表して一番失敗度が高いやつ?を決めるコンペでした。
これから初めてだらけの仕事が始まるので、先生方、コメディカルのみなさんに恥をすてて
がしがし質問して成長していこうと思いました。


他にも書きたいできごとはいろいろありますが今日はここまで。
正直、あまり文章を書くのが得意ではないので、この1年間での僕の文の成長に付き合って
いただくくらいの気持ちで見ていただけると幸いです。


次回から研修医の紹介も徐々に始めるので、お楽しみに。