住吉です。住吉です。

2017年03月05日

一年次研修医、住吉です。

2017/3/3、石川県は金沢市にて、徳洲会合同説明会が行われました。金沢大学、金沢医科大学から80人以上の学生が説明会に参加してくれました。
当院、意外と金沢大からの見学の学生さんは来ています。2次会にも3人の学生が来てくれました。どうもありがとう。また札幌にもきてね。



―さて。

発表もうまくいったし、学生も来てくれたので、おおよそ文句はないが、一つだけ住吉は怒った。なんで怒ったか教える。聞いて。



yosisumi.JPG

















































これはおかしい。こんな間違いされたことない。
そもそも統計的にもおかしい。

住吉は全国に15000人以上の仲間がいる、スーパーメジャー雅で由緒正しき聖なる苗字だ。


一方、吉住 は全国に9000人いる、メジャーでもなければ、そこまで珍しくもない、聖ならない苗字だ。全国の吉住さんは、きっと学生時代とかに多かれ少なかれ、苦労なさった方が多いのでは?とつい同情してしまう。

この二つを間違うだなんて考えられない。田中さんを中田さんに間違うのは仕方ない。同じ名前だし。しかし、住吉と吉住は共通点を探す方が難しいのだ。

二度とこんな悲劇が生まれないよう、私は今ここで改めて名乗ります。


一年次研修医、住吉です。

ではまた。




追伸

kanazakaree.JPG 金沢カレー。濃い味。スープカレーがメインである札幌にいると、こういう普通のカレーが恋しくて仕方ない。ちなみに日本で一番おいしいカレー屋は徳島県にあるのだけれど、それはまた別のお話。

いつでも病院見学にお越しください。

2017年03月01日

こんにちは、事務担当者です。
当院はグループの理念に基づき、基本的に365日いつでも病院見学を受け入れています。
医学生の皆様、長期休みを利用して当院の研修内容をぜひ見に来てください。
実際に臨床の場で働く初期研修医の姿は数年後の自分と重ね合わせることができます。
いつでも連絡お待ちしております。
当院ホームページの初期臨床研修医募集から、または下記URLから問合せ下さい。
申込フォームからですので簡単に入力できます。
http://www.higashi-tokushukai.or.jp/early/practice.html

【問合せ先】
札幌東徳洲会病院 研修委員会事務 担当 永井 司 ・ 松山 智行
住所 札幌市東区北33条東14丁目3-1
電話(代表)011-722-1110 /Fax 011-723-5631
※実習受入れプログラムに参加ご希望の医学生のかたは、http://www.higashi-tokushukai.or.jp/early/practice.htmlのフォームまたは、下記メールアドレスからお問い合わせください。
E-maill ishi_kenshu@higashi-tokushukai.or.jp

スクリーンショット 2017-03-01 09.53.53.jpg


研修医旅行@小樽

2017年02月22日

一年次研修医、住吉です。

年が明け、5年くらいつきあってるカップルなみの倦怠感に襲われて、仕事にさらに磨きがかかり、切れもよくなってきています。自分の仕事をふりかえって、年末のワックスかけたての教室か、とついつっこむほど磨きあがっていることもあります。

そんななか、2/18土曜日、毎年恒例の研修医旅行がありました。この日だけは日ごろの業務から解放され、羽なり、鼻の下なり、好きなところを思い通りに伸ばしてよい日なのであります。

今回も一年次研修医、小川先生を幹事にしたてあげ、小樽へといきました。

小樽では、普段いえないことをいいあったり、おいしいごはんをいただいたり、のんびり温泉に入ったり、嬉し楽しい研修医旅行でした。

まあひとつ文句があるとすれば。。


IMG_0539.JPG
雪しかない!!なんで小樽いったのにルタオとかロイズとかないかなー!!写真も何べん張っても横向きになるし、もう直さない!みにくくなれ!!

全部幹事の小川先生のせいです。雪しかないのも、写真も、この前買ったネットで買ったズボンが真田小野寺サイズだったのも。。。

何はともあれ研修医旅行にいけるのも先生方、スタッフのみなさまのおかげです。ありがとうございます。しごとがんばります。

ではまた。


追伸
そういや集合写真1枚もとっていない。別に仲悪いわけじゃないヨ。
スリー・イン・ザ・レッド

2017年02月17日

一年次研修医、住吉です。

先日、徳洲会グループの説明会が我がふるさと、徳島県で開かれました。

あんまり宣伝はしてなかったのだけれど、30人くらいの学生が来てくれました。
なんかもうみんな何年生かわからなかったけれど元気そうでしたね。

2次会や3次会にきてくれた人たち、そして当院OBの上野先生、どうもありがとうございました。

見学に来てくれるのを待ってまーす。ではまた。

sumiyosicomeback.jpg
↑プレゼンする住吉の姿


sumiyoshired.jpg
↑ダーツにて三連続ブルを決める住吉の姿



追伸
大野海苔や、すだちなど、徳島のみやげがそれなりに人気です。
今回はぶどう饅頭を持って帰ってみました。そこはとなく人気です。
医局のみなさまを徳島依存症に仕立て上げるのも近い未来かもしれません。
6年生の君と5年生の君と徳島大学の君へ。

2017年02月10日

一年次研修医、住吉です。

明日は医師国家試験ですね。明日試験を受ける受験生や、試験中にこんなブログを見る変態医学生はいないと思うので、今日の記事は医師国家試験が終わって、ほっとして、呪縛から解き放たれて、やることなくなったために、そういや久々に見てみるかって時期に見てるのを前提に。

6年生の皆様。国家試験お疲れさまでした。
まだでなければまだこの記事は君には早いよ。




・・・・



・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・







はい。お疲れさまでした。
おおよそ平均的な医師生活をしていれば、今君たちは引退を除けば人生最大の休暇期間だと思います。その間に君たちがすべきことはなんですかね。

もちろん、今この立場から考えれば、勉強しろとか英語論文読めとか、なんとかいう人もいるかもしれませんが、そういうのは忙しくなってから忙しくないときにやればいいと思います。間に合います。たぶん。

それよりも、とにかく友達と触れ合いましょう。本当に。国試の結果がでるまでは、本当に本当に大丈夫だろうかと不安になるでしょうが、だめだからと引きこもっていては本当にもったいないです。
もしあなたがだめだったとしても、友達は合格しますから。そこに気づいてももう友達は遊んでくれません。仕事が忙しいし、遊びに行っても給料あるからとか何とかで、飯おごられたり、変な感じになります。
君は結果にかかわらず、今しか友達と旅行にいったり、優雅に過ごしたりする時間はありません。採点がある程度すんでいるのならば、もう結果を待つのみです。ぎりぎりの点数で、毎日某掲示板のボーダー考察みるよりは(割と信憑性はあるのだけれど)、友達と多くの時間を過ごしましょう。また、家族とも多くの時間を過ごしましょう。兎にも角にも。

特に研修先が地元を離れる人や、むしろ地元に帰るため、母校から離れる人は、友達と遊ぶ機会は本当に激減するから今のうちしかないです。
離れないひとは、離れる人と会えるのもそうそう少なくなります。
元・留年生で、そのあと徳島から北海道に来た僕が言うのだからそれなりに正しいとおもいますけど。。。

仕事はじまったら昔の友達とは一切会わない人もいますが、そうでないなら今しかありません。

あとは、色々なことにケリをつけて、けじめをつけてから、当院に就職してください。
腑抜けきっていたとしても大丈夫。環境がそれを変えてくれますよ。たぶん。

大丈夫!朗報を待っているよ。落ちたと思っていても、家を決めたっていいんだよ。



5年生の人たち。次の主役は君たちとなります。最後の部活だったりなんとかだったり、いろいろだったり、順調ならば最後の学生生活です。就職先はもう決めましたか?決めたのならば、まだ早すぎでしょう。
当院はいつでも病院見学を募集しています。春休みも変わらず見学来てくれる予定です。いろいろな病院を見てみましょう。
春休みが終わったら、新1年次研修医を見に来てください。君たちの直接の先輩にあたる人が、どんな研修をして、どんなことに悩んでいるか見に来てください。後輩と同期は選べませんが先輩は選べますよ。

みんなきてね。ではまた。

【申込先】

札幌東徳洲会病院 事務局 永井司・松山智行
TEL:011-722-1110 mail : 
ishi_kenshu@higashi-tokushukai.or.jp


追伸

徳島大学のみんなへ。病院見学来てくれるのはうれしいのだけど、3/25から私は地域実習にて徳之島に向かいます。5月もいません。ごめんね。小川とかいうのもいるのでそいつを見ていってね。

一周早くきてくれれば僕はうれしいですよ。